ティップネスのプログラム

整えウオーク

  • 目的
    健康維持・体力向上したい
  • 運動量
  • 難易度
こんな方に
オススメ!
  • 運動が苦手だけど何か始めたいと思っている方
  • 自分流でウォーキングしているけどあまり効果が出ない方
  • 姿勢を良くして見た目もカラダも若返りたい方
  • 在宅で肩こりや腰痛など不調が続いている方

ABOUT

プログラムについて

速歩はやあるきを楽しむカラダをつくる
「整えウオーク」

股関節、肩甲骨周りの柔軟性と筋力を高めることで、自然と速歩きが出来ることを目指したプログラムです。 時速5~7kmのスピードで歩くことは、走るよりもカラダへの負担が少なく、健康増進はもちろん、きれいな姿勢、カラダを動かすことが楽しくなるポジティブエクササイズです!

POINT

プログラムのポイント

速歩き(はやあるき)を邪魔する4つの歩き方
速歩き(はやあるき)を邪魔する4つの歩き方
あなたは速く歩けるカラダ?かんたんバランスチェック
あなたは速く歩けるカラダ?かんたんバランスチェック

まずは動作チェック!
この動き、できますか?

まっすぐの姿勢のまま歩幅で片膝ずつ上げ、太腿の下で手拍子。膝や腰が曲がらず5回余裕でできればOK!

できなかったあなたは…
大腰筋(脚の付根)の筋力低下により、脚を大きく前に踏み出せなくなりちょこちょこ歩きの状態に。

脚は歩幅で片膝を持上げて、カラダが一直線を維持したまま後方へ伸ばせればOK!

できなかったあなたは…
お尻の筋力低下で片脚で体を支えられなくなり、ふらふら歩きに。

日常生活でもこんなコトが
思い当たりませんか?

  • 1日、座っていることが多い
  • 腰が丸くなっていて、姿勢が悪いと感じる
  • 最近、よくつまずく
  • ストレートネックや猫背だと感じる
  • 歩く時、バッグを手に持っている、あるいはポケットに手を入れていることが多い
  • 駅でも会社でも、ほぼエレベーターを使う
  • 最近、よくふらついてバランスを崩す
一つでも当てはまる方は、早速「整えウオーク」へGO!!
一つでも当てはまる方は、早速「整えウオーク」へGO!!

PROGRAM

プログラム詳細

「整えウオーウ」で4つお歩き方を改善
「整えウオーウ」で4つお歩き方を改善
【ニーリフト】

「速く、歩く」のキーポイントである「大腰筋」
上半身と下半身をつなぐ、唯一の筋肉とも呼ばれています。エクササイズすることで、大きく・速く歩けるように!

【ワンレッグバランスアブダクション】

骨盤を安定させることができないと、ふらふら歩きに。
片脚でバランスをとりながら、ヒップエクササイズを行うことで、骨盤の横ズレを防ぎます。

【ワールドグレイテストストレッチ】

内ももや足首周辺の筋肉をストレッチすることで、柔らかな着地をすることができます。

【フロントキック】

腕を振るほうが、歩くスピードは速くなります。
胸を開くことで猫背を緩和させ、肩周辺の可動域を改善します。

RECOMMEND

専門家推奨

杉田
すぎた
正明まさあき先生

日本体育大学教授 博士(学術)
日本オリンピック委員会(JOC)・情報・科学サポート部門長
日本陸上競技連盟・科学委員会委員長

 気軽にできる運動として、近年ウォーキング人口は増えています。ランニングに比べて関節への負担が少ないウォーキングですが、歩く速さと健康の関係については、あまり知られていません。しかし、この歩く速度がとても大切で、速く歩くことは健康にとって良いことが数多くの研究で明らかにされています。
歩く速さで寿命が決まる!?
 

 ここで興味深い研究を2つご紹介します。
ハーバード公衆衛生大学院の、1万3535人の女性(研究開始時30~55歳)を分析した 研究で、歩行速度が将来の健康状態を左右することが示されています。(Arch Intern Med.170(2):194-201,2010)。 これらの女性の9年後の歩行速度を調べ、この人たち が70歳になったときの健康状態を計算しました。
 これによると認知機能や身体機能の障害もなく、精神的にも健康な状態でいられる確率(サクセスフルエイジング達成度)は、歩行速度が時速3.2km未満の人を1とすると、時速3.2km(0.89m/秒)から4.8km未満の人は1.9倍、時速4.8km(1.3m/秒)以上の人は2.68倍という結果になりました。このことは意識して速く歩くようにすることが、病気予防につながる可能性を示唆しています。

 

 また、ピッツバーグ大学医学部 ステファニー・ストデンスキー教授は、 「人間が動く速度は、その人の活力と健康を 如実に表している」といいます。(JAMA. 2011;305(1):50-58. doi:10.1001/jama.2010.1923.)
 1986年から2000年の間に行われた9つの研究から、 34,485人(平均73.5歳)の対象者の歩行速度を分析。 各研究では400人以上の65歳以上の高齢者を絞り込ん で追跡調査し5~21年間(平均では12.2年)の生存率を 調べそのデータを解析しました。

 

 対象者を歩行速度によってグループ分けし、グループ毎の死亡リスクを調べた結果、歩行速度が毎秒0.1m速くなるごとに、死亡リスクは0.88倍ずつ低くなっていきました。歩行速度がその後の余命年数に影響を与えている事が示され、さらには歩行速度が余命年数の予測に役立つ可能性が指摘されました。

速く歩くには大腰筋が肝!
 

 速く走ったり歩いたりするためには大腰筋が重要であるという研究結果が数多く出されています。スプリンターを対象にした研究では、走行速度が速い人ほど大腰筋の断面積が大きいことがわかりました。
 大腰筋は腰の奥にあり、大腿部(太もも)の骨と脊椎(背骨)をつないでいる筋肉です。この筋肉は直立姿勢を維持する時や、大腿部を引き上げる時に働きます。
逆に衰えると脚を上げづらくなり、歩幅が小さくなるので、速く歩くことができなくなり、また、つまずきやすくなり転倒の原因にもなります。
この大腰筋は他の太ももの筋肉等よりも加齢によって衰えやすいこともわかっています。
大腰筋をしっかりと使える状態にし、速く歩く身体を維持することは、健康に長く生きるためにとても重要です。

「整えウオーク」で、カッコよく速く歩けるカラダづくりを
 

 ティップネス の「整えウオーク」は軸足でバランスを取りながら脚を大きく振り上げたり、膝を持ち上げたり「大腰筋」を鍛える運動が多く含まれ、速く歩くために必要なエクササイズとして期待できます。

 

 大腰筋が衰えていない人は、もも上げをしたときに膝が胸につくくらいまでスッと持ち上げられます。持ち上げた時に上体が丸まってしまう方や、姿勢がキープできない方は大腰筋が衰えてきているかもしれません。
是非整えウオークに参加してみてください。

フィットネスクラブは速歩きに最適な環境 
 

 冬の寒さや夏の暑さで、つい外を歩くことを躊躇してしまいがちです。しかし、室内の環境ならそんなときでも実施しやすく、ランニングマシンはボタンひとつでスピードの調整が簡単です。一定のリズムで歩くのでフォームの左右差が出にくいことや、傾斜をつけることで抗重力筋とよばれるスラっとした姿勢を作る筋肉を鍛えることもできる等、外でのウォーキングにはないメリットがたくさんあります。 是非フィットネスクラブで速歩きを楽しんでください。 



 速く歩くことは、ランニングに比べて、エネルギー消費量が高く、心肺機能にもとても良い刺激を与えるので、健康づくりの運動としてはどの年代の方にも推奨できるものです。
誰でもできて気持ちも前向きになるウォーキング、是非気軽に始めてみてください。

整えウオークの後は、ランニングマシンへGO!実践!ジム速歩
整えウオークの後は、ランニングマシンへGO!実践!ジム速歩

時速5~7km/hに設定し、
まずは10分以上の速歩きから
始めてみましょう!
あなたの歩きをサポートする
ミミサポも登場!

※ミミサポとは、耳からあなたのトレー
ニングをサポートするコンテンツです。

私がサポートします!2種類のレベルで20分の速歩きの音声ガイダンスを準備しています。一緒に頑張りましょう!
私がサポートします!2種類のレベルで20分の速歩きの音声ガイダンスを準備しています。一緒に頑張りましょう!

実施店舗

※吉祥寺店、池袋店、京橋店はプログラムの参加にはオプション購入が必要です。
※天王寺店、塚口店では一部オプション購入が必要なプログラムがございます。
※プログラムごとのオプション情報は店舗ごとのプログラムスケジュールをご覧ください。

人気のプログラムはこちら