TOP > プログラム > FITNESS LIBRARY > カラダに効くレシピ > 夏バテ(part2)

TIPNESSのYOGA・PILATES

  • YOGA ラインナップ
  • PILATES ラインナップ

春の新プログラム

  • STYLE UP YOGA
  • PILATES Inner Design
  • Diet Club

さらに効率的に!より効果を求めたい方に

  • パーソナルトレーニング
  • 有料スクール

カラダに効くレシピ カラダの悩みを解消するオススメの運動と、一緒に摂ると効果的なおいしいレシピ集。

今月のテーマ 夏バテ(part2) RECIPE 蒸しなすの麻婆あんかけ/ゴーヤとトマト、鶏のささみのしょうがじょうゆ和え

食欲減退は、体調不良の元凶に。調味料と食材のパワーを借りて食欲UP!

近年は暑さだけでなく、屋外と屋内の気温差による夏バテも多いとか。夏バテによる食欲不振には、唾液や胃酸の分泌を促し、食欲を増進させる香辛料を使った料理や、苦みのある素材がおすすめです。カレー粉や豆板醤などピリ辛調味料は血行を促すので冷房で冷えた体にもGOOD。あざやかなグリーンのゴーヤはビタミンCがたっぷり。ゴーヤの苦味はモルデシンという物質で、胃液の分泌を促し食欲を増進させる働きもあります。食欲が落ちるとあっさりした麺類などが食べたくなりますが、なるべく具沢山にして栄養バランスを整えるように心がけましょう。

PROFILE
京須 薫さん
京須 薫さん
(きょうす かおる)
管理栄養士。企業や自治体で栄養相談や栄養セミナー、料理教室の講師を務める。効果的で無理なく実践できる、食事アドバイスを心がけている。
蒸しなしの麻婆あんかけ

〈1人分)
エネルギー 145kcal

材料(4人分)
なす 3本、長ねぎ 3cm、しょうが 1/2かけ、にんにく 1/2かけ、にら 1/2把、豚ひき肉 50g、合わせ調味料A (しょうゆ 大さじ 1/2、甜面醤 大さじ1/2)、鶏がらスープの素 小さじ1/2、片栗粉 小さじ1、油 大さじ1と小さじ2、豆板醤 少々
作り方
なすはヘタを落とし耐熱皿に入れ、ふんわりとラップをかけてレンジ(強)で4〜5分加熱する。食べやすい大きさに切り、器に盛る。
長ねぎ、しょうが、にんにくはみじん切りにする。にらは根元を落とし、食べやすい大きさに切る。Aの調味料を混ぜ合わせ、鶏がらスープの素は1/4カップのお湯に溶かしておく。片栗粉は同量の水に溶く。
中華鍋に油を熱し、しょうが、にんにくを加え弱火で香りを出す。次に豚ひき肉を加え、色が変わるまで炒める。さらに豆板醤を鍋肌に入れ、炒めて加える。
にらを加えてさっと炒め、さらにAを入れて炒める。鶏がらスープを加えて煮立ったら、水溶き片栗粉を回し入れてとろみを出し、最後に長ねぎのみじん切りを散らす。1 のなすにかけて出来上がり。
ゴーヤとトマト、鶏のささみのしょうがじょうゆ和え

〈1人分)
エネルギー 69kcal

材料(2人分)
ゴーヤ 1/2本、ささみ1本、プチトマト 6個、A(おろししょうが 1かけ分、しょうゆ 小さじ1、ごま油 小さじ1、レモン汁 小さじ2、白ごま 小さじ1)
作り方
ゴーヤは縦に切り、種を取り除き薄切りにして塩(分量外)で軽くもむ。さっと水で洗い、水気をきる。ささみはゆでて裂いておく。プチトマトはへたを除き半分に切る。
ボウルにAを混ぜ合わせる。
21の材料を加えてよく混ぜ合わせる。

*栄養価は五訂増補日本食品標準成分表をもとに算出しています。