TOP > プログラム > FITNESS LIBRARY > カラダに効くレシピ > 冷え性対策(part1)

TIPNESSのYOGA・PILATES

  • YOGA ラインナップ
  • PILATES ラインナップ

春の新プログラム

  • STYLE UP YOGA
  • PILATES Inner Design
  • Diet Club

さらに効率的に!より効果を求めたい方に

  • パーソナルトレーニング
  • 有料スクール

カラダに効くレシピ カラダの悩みを解消するオススメの運動と、一緒に摂ると効果的なおいしいレシピ集。

今月のテーマ 冷え性対策(part1) RECIPE 鶏ささみのアーモンド揚げ/アボガドとえびのごまマヨネーズ和え

ビタミンEで冷えのない、快適な冬を!

寒さが厳しくなったこの季節、冷えのない、代謝のいい体をつくりたいですね。そのためには、体を温める食材や血行を促す食材がおすすめです。脂質の酸化(さび)を防ぎ、血液の粘り気を抑えて血行を良くするビタミンEは冷え性改善にはおすすめの栄養素です。アーモンドなどのナッツ類、かぼちゃ、赤ピーマン、アボカドなどに多く含まれるので積極的に摂るようにしましょう。また、貧血気味だと冷えを感じやすいので、鉄の多い、赤身の肉や魚、青菜、大豆製品、ひじきなどもおすすめです。

PROFILE
京須 薫さん
京須 薫さん
(きょうす かおる)
管理栄養士。企業や自治体で栄養相談や栄養セミナー、料理教室の講師を務める。効果的で無理なく実践できる、食事アドバイスを心がけている。
鶏ささみのアーモンド揚げ

〈1人分)
エネルギー 387kcal、ビタミンE 9.1mg

材料(2人分)
鶏ささみ 3本、スライスアーモンド 40g、小麦粉・溶き卵 適量、塩・こしょう 少々、揚げ油 適量、ミニトマト 4つ
作り方
鶏ささみは削ぎ切りにし、塩、こしょうを振る。小麦粉、溶き卵の順につけ、スライスアーモンドをまぶす。
揚げ油を熱し、1を約170℃で3〜4分揚げる。キッチンペーパーにとって油を切る。
2を器に盛り、ミニトマトを添える。
170℃の目安:衣を油に落としたとき、途中まで沈んですぐ浮かんでくる状態です。
アボガドとえびのごまマヨネーズ和え

〈1人分)
エネルギー 171kcal、ビタミンE 7.2mg

材料(2人分)
アボガド 1/2個、えび(中) 6尾、ブロッコリースプラウト 1/3パック A(マヨネーズ 小さじ2、白すりごま 大さじ1、しょうゆ 小さじ1/2、わさび 少々)
作り方
アボガドは縦に半分に切り、皮と種を除き、長さ約4cmの薄切りにする。
えびは殻と背綿を取り除き熱湯でさっと茹で、厚みを半分に切る。ブロッコリースプラウトは根元を切り落とし、長さを半分に切る。
Aの材料を混ぜ合わせ、アボガドとえびを加えよく和える。器に盛り付けてブロッコリースプラウトを散らす。

*栄養価は五訂増補日本食品標準成分表をもとに算出しています。