TOP > プログラム > FITNESS LIBRARY > フィットネスお悩み相談室 > CASE2 夏太りリセット対策

プログラム
あなたに最適なプログラムをご提案
ジムプログラム
カーディオリカバリーHR
美腸エクササイズ
カロリーバーナーHR
スリムコアボール
バーチャルストレッチ
ファストシェイプ
TRX®プログラム
トータルリカバリー
RIDE
コレクティブ・エクササイズ
ファンクショナル・ストレッチ
スタジオプログラム
SPARTAN WORKOUT
Mind Flow Yoga
Hip Make Dance BUMBUM
美姿勢ワークアウト
ファンクショナルシークエンスヨガ
UNIVERSAL MUSIC WORLD DANCE
【CARDIOトレーニング】
ZONE
HULAHULA
ファーストビクス
BAILABAILA
RHYTHM MASTER
TIPファンクショナルTIME
ティップレッチ
Reトレーニング
ボディケア体操
バレエ
スクイーズヨガ
BIG DANCE
QUEEN'S YOGA
DDD STYLE HIPHOP
ピラティス
Body Curve
Belly Dance Fitness
アクティブストレッチ
エアロビクス
Ageless Workout
ファイティングラッシュ
POWER RUSH
HATHA YOGA DEEP BREATH FLOW
アクアプログラム
AQUA CAMP
アクアミット+F
WATER RUSH
アウトサイドエクササイズ
パーソナルトレーニング
最短で理想に近づくマンツーマン指導
メニューのご紹介
GO SHAPE
カラダメンテナンス
BODY CHANGE
体験者の声
パーソナルトレーニング予約
有料スクール
1種目からはじめられる大人のおケイコ教室
スイミング
スタジオ
インドアテニス
ゴルフ
トライアスロン
ラケットボール
スカッシュ
マタニティスクール
コンディショニングドック
あなたのカラダづくりをプロの視点でトータルサポート
STEP1[ 初回(要予約)]
チェック・評価&プラン提案
ヒアリング
-Check1-
食事力チェック
-Check2-
Dr. フィットネス
-Check3-
FMS
評価&プラン提案
1 WEEK コンディショニング
[ 入会から2ヶ月までの間]
ヒアリング&疑問の解消
STEP2[ 入会から約2ヶ月後]
プランのバージョンアップ
TIP ファンクショナル
トレーニング
痩せる。魅せる。整える。全方位カラダサポート
ダイエットにおすすめのプログラム
ボディメイクにおすすめのプログラム
リフレッシュにおすすめのプログラム
なっとく!TIPファンクショナルトレーニング

カラダに効くレシピ カラダの悩みを解消するオススメの運動と、一緒に摂ると効果的なおいしいレシピ集。

CASE2 夏太りリセット対策 こんなお悩み抱えていませんか? バーベキューにビアガーデンにと、楽しい夏を満喫していたら、なんだか太っちゃった・・・!? 夏はやせると聞くし、大丈夫だと思っていたのに・・・。

夏太りするのはどうして?
実は、夏は太りやすい季節なのです。気温が高いと、体温を維持するためのエネルギーが少なくてすむので、基礎代謝量は低くなります。そのくせ、食べたり飲んだりする機会は多いから、油断しているとすっかり夏太り…ということに。水分の摂りすぎによるむくみにも、要注意。
TIPNESSではこんな対策をおすすめ!
慌てず、焦らず、継続的な運動を心がけて!
ジムでバイクやランニングマシーンを使って、しっかりと有酸素運動を行い、とにかく脂肪を燃焼!チェストプレスやレッグプレスを使って大きな筋肉を動かすのもおすすめ。個人によって症状が異なる場合もあるので、パーソナルトレーナー(有料)のアドバイスを受け、効果的にカラダを引き締めるのもいいでしょう。
おすすめプログラム
パワーラッシュ
専用のバーベルを使って、音楽に合わせて楽しく筋力トレーニング! 体をバランスよく引き締められる、幅広い層に人気のティップネスのオリジナルプログラムです。ウエイトの調節ができるから、どんな方でもご参加OK。マシントレーニングが苦手な方にもおすすめです。
アクアミット
ミットをつけて行う水中負荷を利用した筋力トレーニングの内容にウォーキングなどの有酸素運動の動きをプラスしたクラスです。効率よくシェイプアップしたい方におすすめのプログラム。初めての方も強度を調節しながら参加していただけます。

※詳しくはティップネススタッフにご相談ください。

おうちでできるフィットネスの準備
カラダを冷やさず、バランスのよい食生活を
夏やせは秋になれば戻るけれど、夏太りは戻りにくいのが難点。それに、夏休み気分が抜けず、気がゆるんでしまっていると、動くことすら億劫に…。できるだ け外へ出て動いたり、歩くことが大切です。また、冷たいデザートやジュースは、カラダを冷してしまう上、甘味を感じにくいため、ついついカロリーオーバー になりがち。飲み物は温かいお茶などに切り替えて。