TOP > プログラム > FITNESS LIBRARY > からだのきほん > NO.010 有酸素運動ってなに?

TIPNESSのYOGA・PILATES

  • YOGA ラインナップ
  • PILATES ラインナップ

春の新プログラム

  • STYLE UP YOGA
  • PILATES Inner Design
  • Diet Club

さらに効率的に!より効果を求めたい方に

  • パーソナルトレーニング
  • 有料スクール

カラダのきほん 初心者にうれしいフィットネスの基本を、コラムでお届けします。

NO.010 有酸素運動ってなに? 脂肪燃焼に効果があることで有名な有酸素運動。実はそれ以外にもメリットがたくさんあります。有酸素運動の特性を知って、健康な心身づくりに役立ててください。

有酸素運動ってなんだろう?
有酸素運動とは、呼吸をして体に酸素を取り込みながら、心地良く汗を流す程度の全身運動のこと。たとえば、ウォーキングやジョギング、エアロビクス、水泳などが代表的なものです。それ以外にもティップネスのプログラムにもあるような、格闘技系エクササイズや各種のダンス、リズミカルなヨガなども有酸素運動と言えます。これらはすべて、数十分以上継続できる運動。こうした運動を続けるために、私たちの体は脂肪と糖質を燃料として全身を動かしています。有酸素運動が脂肪燃焼に効果があると言われているのはこのためです。
細切れ運動でも効果あり!
近年まで「脂肪燃焼させるためには有酸素運動を20分以上継続させることが理想的」と言われていました。しかし、新たな研究の結果、5分〜10分ずつの運動を1日に何度か取入れることで、20分以上の連続した運動と同様の効果があることが分かってきました。これまでは、運動の開始時や運動が急に激しくなったときには糖質がエネルギーとして使われ、20分程度継続しないと脂肪はあまり使われないとされてきました。ところが、とくに運動をしていないときでも脂肪は糖質と一緒にエネルギーとして使われていることが分かってきたのです。
キーワードは「総消費エネルギー」
脂肪燃焼効果を高めるために、大切なのは総消費エネルギーです。1日の消費エネルギーや1週間の消費エネルギーを合計したときに総消費エネルギーが高いほど、より脂肪も燃焼されています。たとえば、意気込んで強度の強い運動を行おうとすると、エネルギー量が高くても疲労も大きいため回復に時間がかかります。そうすると結局週に1回、2回しか運動できないという結果に。しかし、低強度の運動であれば回復も早く、週に何度も行うことができるので、結果的には1週間あたりの消費エネルギーが高くなるのです。このように一度にたくさんの運動をせずとも、1日あたりの総消費エネルギーが高ければ、十分に脂肪燃焼効果があります。
有酸素運動の知られざる効果
シェイプアップしたい方には最適な有酸素運動。その他にもいろいろな効果があることをご存知ですか? たとえば「心肺機能や持久力の向上」「血液の循環が良くなり、毛細血管が発達する」など。つまり、有酸素運動を行うことによって、疲れにくく、快適な体に近づくのです。
また、有酸素運動を行った後に、「スッキリした」「体が軽くなった」と感じたことはありませんか? それは運動して呼吸の回数が増えることで血液が活発に循環して酸素が体の隅々まで行き渡り、体内に溜まっていた疲労物質(乳酸)や老廃物が呼気や汗、尿として体の外へ排出されているから。老廃物が排出されれば体は軽やか、気分もスッキリ。脳の活性化にも役立つ上、適度な運動習慣がつくので、生活リズムも整い、快眠にもつながります。

うれしい効果が満載の有酸素運動。頻度としては、週に2〜3回行うのが理想的だとされています。脂肪燃焼のためにも、体力維持、ストレス解消のためにも日常の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。
“カラダのきほん”を学んだらティップネスへ行ってみよう!
ティップネスなら“カラダのきほん”を体感しながら学べます。フィットネスに関する疑問や不安にお答えするのはもちろん、トレーニング方法の提案まで店舗スタッフが丁寧に対応するから初心者の方でも安心です。まずは見学・体験のお申し込みからどうぞ。
※一部店舗では、体験を受け付けていない場合がございます。ご了承くださいませ。