TOP > プログラム > FITNESS LIBRARY > からだのきほん > NO.009 夏バテに負けない元気な体を取り戻そう!

TIPNESSのYOGA・PILATES

  • YOGA ラインナップ
  • PILATES ラインナップ

春の新プログラム

  • STYLE UP YOGA
  • PILATES Inner Design
  • Diet Club

さらに効率的に!より効果を求めたい方に

  • パーソナルトレーニング
  • 有料スクール

カラダのきほん 初心者にうれしいフィットネスの基本を、コラムでお届けします。

NO.009 夏バテに負けない元気な体を取り戻そう! 現代の夏バテは、気温の上昇だけでなく、冷房にも原因があるのです。楽しい夏をアクティブに過ごせるように、夏バテの基礎知識をお届けします。

夏バテは、正しい知識でしっかり予防・対策を!!
まだまだ暑い日が続いていますが、「疲れやすい」「だるい」「食欲不振」「冷房負け」…など、夏バテに悩まされている方も多いのではないでしょうか。なかなか解消しない夏バテ…。今回は、夏バテに負けない、元気な体を取り戻すための方法をご紹介します。
夏バテの原因とメカニズムとは?
気温が高い夏のこの時期は、ほかの季節に比べ、大量の汗をかきます。汗の成分は、水分のほかビタミンやミネラルなど。汗をかくとこうした栄養素も失われ、体は一種の脱水症状に。このとき胃腸からの消化液の分泌が減少し、食欲がなくなります。一方、喉が渇くため冷たい水や清涼飲料水をガブガブ飲む…すると胃が冷やされてさらに胃液が出にくくなり、いっそう食欲不振になってしまうのです。
さらに、真夏でもエアコンによって過剰に冷えた室内で過ごすことによって、室内と室外の温度差に体がついていけず、体調を崩すケースが増えています。そもそも人間の体は、暑い時には皮膚表面近くの血流を盛んにして熱を発散し、汗を蒸発させて体温を下げる体温調節、血圧調節の機能を備えています。ところが、その能力にも限界があり、猛暑が続いたりして、温度差のストレスによって体温や血圧調整が正常にできなくなってしまうと、だるさや食欲不振といったさまざまな夏バテ症状が現れてくるのです。
夏バテ解消には、規則正しい食生活が肝心!
夏バテ解消にはやはり、1日3食、栄養バランスの良い食事を摂るとこが肝心です。食欲の落ちた夏場、不足しがちなたんぱく質やビタミンB群、カルシウム、鉄分などのミネラルを豊富に含む食べ物を積極的に摂りましょう。ビタミンB群を豊富に含む主な食べ物には、豚ロース・大豆・マグロ・しじみ・レバーなどがあげられます。また、サプリメント(栄養補助食品)を上手に活用して不足しがちな栄養を補うことも効果的です。
「朝食をとる時間がない…」そんなときには、ビスケットやクッキーを1〜2枚食べて牛乳を飲む。これだけでも日中のやる気がずいぶんと違ってきます。「1日3食」を心がけて、元気な体を取り戻しましょう。
不眠、寝つきが悪い人はひと工夫を!
快適な睡眠をとることは、健康を維持し、良い精神状態を保つために不可欠です。スムーズに眠りにつくためには、自律神経の働きを交感神経から副交感神経へシフトすることが必要です。気温が高くてどうもぐっすり眠れない…そんな人のために、今日から始められる、快眠に効果的な工夫をご紹介します。
(1)就寝前、ぬるめのお湯にゆっくり入る。
(2)ストレッチやマッサージでリラックス状態をつくる。
(3)安眠を誘うといわれるハーブティーを飲む。
自分の楽しめる範囲で、お休み前のリラックスタイムを楽しんでみましょう。
汗をかいて気分リフレッシュ!
体がだるいといった原因のひとつには、デスクワークが続いたり、長時間同じ姿勢でいたりして、体に負担がかかり、疲労物質が体に溜まっている可能性があります。そんなときは、有酸素運動で血液の循環を良くして、疲労物質を体外に出すのが効果的。有酸素運動には、エアロビクスやウォーキングなどがおすすめです。日頃からクーラーの効いた部屋で大半を過ごし、汗をかく習慣がない人もぜひ、運動をライフスタイルに取り入れて、夏バテとサヨナラ! 快適な残暑を過ごしましょう。
“カラダのきほん”を学んだらティップネスへ行ってみよう!
ティップネスなら“カラダのきほん”を体感しながら学べます。フィットネスに関する疑問や不安にお答えするのはもちろん、トレーニング方法の提案まで店舗スタッフが丁寧に対応するから初心者の方でも安心です。まずは見学・体験のお申し込みからどうぞ。
※一部店舗では、体験を受け付けていない場合がございます。ご了承くださいませ。