TOP > プログラム > FITNESS LIBRARY > からだのきほん > NO.002 生活習慣を見直してお腹スッキリ!

TIPNESSのYOGA・PILATES

  • YOGA ラインナップ
  • PILATES ラインナップ

春の新プログラム

  • STYLE UP YOGA
  • PILATES Inner Design
  • Diet Club

さらに効率的に!より効果を求めたい方に

  • パーソナルトレーニング
  • 有料スクール

カラダのきほん 初心者にうれしいフィットネスの基本を、コラムでお届けします。

NO.002 生活習慣を見直してお腹スッキリ! 便秘になる原因はたくさんありますが、その大半は生活習慣によるもの。食生活を見直したり、運動習慣をつけてスッキリお腹を手に入れましょう!

便秘ってなに?
人の体には、食べ物を消化吸収して、いらなくなったカスのようなものを体の外へ押し出す機能が備わっています。それがうまく排泄されずに腸内に残っている状態が便秘。排便は1日1回以上あるのが理想ですが、2日に1回でも、スッキリ排便できれば便秘とは言いません。それより、毎日排便しても時間がかかったり、便がコチコチで出し切れていないような感じがする人は便秘がちだと言えます。
便がたまると大腸菌(悪玉菌)の働きで有害物質が発生します。それが血液を通じて体全体にまわり、肌荒れや食欲不振、疲労、肩こりなどの不調を引き起こす原因となります。
便秘の原因は生活習慣
便秘には体質的な原因もありますが、ほとんどが以下のように生活習慣によるものです。
朝食を食べない
朝はお腹が空っぽの状態。そこに食べ物を入れることで腸は活発に動き始めます。朝食を抜くと、腸が刺激されず、便意を感じづらくなります。
便意を我慢する
我慢を繰り返すと、便意を伝える刺激が脳に届かなくなります。また、腸内に便をとどめておくことで、水分が吸収され、ますます排泄しづらくなります。
野菜やくだものをあまり摂らない
肉や卵などの動物性食品中心で野菜やくだものなどの食物繊維を含む食品を摂らないと、食べ物のカスがたまらず、便の量が少なくなり、排泄しづらくなります。
運動不足
体を動かさないと、大腸の働きが弱まります。また、腹筋が衰えることで、いきむ力が低下し、便を押し出す力が鈍くなります。
女性の体の構造&ホルモンの影響
子宮や卵巣の存在が大腸を圧迫するので、女性は便秘になりやすくなります。また、生理前や妊娠中に分泌される黄体ホルモンは大腸のぜん動運動を抑える働きがあります。
ストレス
ストレスにより交感神経と副交感神経のバランスが崩れると下痢や便秘を繰り返す、便通異常になりやすくなります。
運動習慣でお腹をスッキリさせる!
便秘の原因はさまざまですが、運動不足の方は毎日少しずつでも運動習慣をつけていくといいでしょう。特に、便を押し出すために必要な腹筋を鍛えることは便秘にとても効果的です。
体を動かす習慣の少ない方は、まずはエスカレーターやエレベーターではなく、階段を使うようにしたり、移動の際、ひと駅分早足で歩いてみるなど日常の中でできることから始めてみてください。そのとき、背筋を伸ばして、少し胸を張った姿勢で歩くといいでしょう。
また、1日数回の腹式呼吸も便秘解消のためにおすすめです。便意は通常、リラックスした状態で起こります。腹式呼吸とは、鼻から息を吸いながらお腹を膨らませ、口からゆっくりと息を吐き出しながらお腹をへこませる呼吸法です。これを何度か行うことで自律神経の働きが高まって、体も心もリラックスできるので、ぜひ試してみてください。

お腹がスッキリすると体も気分も軽くなるもの。ぜひ日常の生活習慣を見直して、快適な体を手に入れてください。
“カラダのきほん”を学んだらティップネスへ行ってみよう!
ティップネスなら“カラダのきほん”を体感しながら学べます。フィットネスに関する疑問や不安にお答えするのはもちろん、トレーニング方法の提案まで店舗スタッフが丁寧に対応するから初心者の方でも安心です。まずは見学・体験のお申し込みからどうぞ。
※一部店舗では、体験を受け付けていない場合がございます。ご了承くださいませ。