TOP > プログラム > FITNESS LIBRARY > HEALTHY LIFE INTWEVIEW > INTERVIEW NO.003 中編 体を動かすことは、自分自身を大切にする生き方につながります。

TIPNESSのYOGA・PILATES

  • YOGA ラインナップ
  • PILATES ラインナップ

春の新プログラム

  • STYLE UP YOGA
  • PILATES Inner Design
  • Diet Club

さらに効率的に!より効果を求めたい方に

  • パーソナルトレーニング
  • 有料スクール

カラダに効くレシピ カラダの悩みを解消するオススメの運動と、一緒に摂ると効果的なおいしいレシピ集。

INTERVIEW NO.003 体を動かすことは、自分自身を大切にする生き方につながります。

古代インドから伝わる健康法・アーユルヴェーダの深い知恵を伝えるセラピストであるまきのひろこさんは、ヨガのインストラクターとしても活躍中です。中編のインタビューでは、30年以上続けていらっしゃるヨガの魅力とともに、体と心のバランスを保つ秘訣を語っていただきました。

静的なヨガと動的なフィットネスで、自分のバランスを保つ。
いきいきと明るいオーラに満ちたまきのさんですが、家事や育児に追われていた20代の頃は、肩こり・頭痛・腰痛に悩まされ、とても元気とは言えない毎日だったとか。そんなとき出会ったのがヨガでした。

「偶然にも娘が通う幼稚園でヨガ教室が開かれ、そこで、呼吸と動作(ポーズ)を連動させることで、心と体がひとつになるヨガの気持ちよさを初めて実感しました」
以来、20年以上教室に通い続け、現在ではインストラクターとしてその素晴らしさを伝えるまでに。
「同じポーズでも、楽に感じる日もあれば、何か違和感を感じる日もあるんです。毎日続けることでその時々の体調や体の変化が敏感に感じ取れるようになりました。自分を見る眼が養われることが、ヨガの何よりもの効果ですね」。
  また、ヨガだけでなく、躍動的なエアロビクスやアクアビクスも大好きというまきのさん。音楽に合わせ全身を動かし、汗をかく。そのシンプルな気持ちよさが、フィットネスを続けている理由だとか。
「日々、色んなことを考え、思い、悩み、頭と心はフル稼働しているのに、体だけはじっと動けず置いてけぼり。それが、都会生活のバランスの悪さだと思うんです。私自身、ヨガやフィットネスなど体を動かすことで、自分本来のバランスを取り戻しているような気がします。やりたい仕事、好きなことを頑張ってやり続けるためには、何より自分自身を大切にしないと」。
心と体のお手入れを怠らない日々の積み重ねが、年齢を重ねるほど輝ける「ヘルシーエイジング」な生き方につながるといえそうです。

後半では、体にいい飲み物のレシピを教えていただきました。
美香さんおすすめ! 簡単ヘアケア術
5分で「自分」をリフレッシュ!いつでもどこでも簡単ヨガポーズ
心と体のバランスを整えるハタヨガ歴30年のまきのさんに、自宅やオフィスですぐに実践できるポーズを教えていただきました。「体がだるい」「やる気が出ない」など、なんとなく冴えない自分を感じたら、ヨガポーズで簡単リフレッシュ! オフィスで「さあ、やるぞ!」と思ったときの集中力アップにも効果的ですよ。
POSE1
両手を首の後ろで組みます。息を鼻からゆっくり吸いながら肘を開き、次に吐きながら閉じます。これを3回程繰り返してください。
POSE2
両腕を耳につけるようにして、頭の上へ腕を伸ばします。手のひらを膨らませ、三角形を作り、左右へゆっくりと動かします。これを3往復程度繰り返してください。
PROFILE

アーユルヴェーダセラピスト「Salon mati」オーナー まきのひろこさん

20年前、芝増上寺の祭事イベントとして開かれたセミナーで「アーユルヴェーダ」と出会い、本格的に学ぶために1年間の専門コースを受講。その後アーユルヴェーダセラピストとして都内クリニックで施術経験を重ね、2006年、東京都目黒区に「salon mati」をオープン。日本アーユルヴェーダスクールの講師やヨーガインストラクターとしても活躍している。

Salon mati