[an error occurred while processing this directive]

これまでの実行度や効果感を確認。効率アップのためにアドバイス!

まずは、お客さまの目標や今の状態をお聞きすることからスタート。
ゴールイメージを共有した後は3つのチェックツールを使って体組成、姿勢と動作、食事力を約100項目に渡って評価し、最適なトレーニングプランを作成いたします。
さらに、「調子」の測定結果から、その都度最適なメニューをアプリでご提案。

エクササイズを始める前に、大切なことをご存じですか?
まずは、ゴールの共有がはじめの一歩。
目的・きっかけ、健康やカラダのお悩みはもちろん、生活パターンやライフスタイルまで、お客様の現状を実際に言葉にすることで、ご自身への理解も深まり、ゴールイメージがはっきりします。
本当になりたいカラダ、目標達成に向けて課題を明確にする。
それがヒアリングです。

ヒアリング項目 (一部抜粋)

フィットネスの動機
・シェイプアップ ・ストレス解消 ・体力をつけたい など
習慣的な運動の経験
・一度もない ・以前、経験がある ・現在も継続中
運動を継続するうえでの不安
・育児 ・仕事が忙しい ・体力が続くか など
フィットネスクラブに通う頻度(目標)
・週2回以上 ・週に1回 ・月に2回以下
あなたの生活リズム
・昼型 ・夜型 ・不規則

「体調がいい」。それが生活のすべてのベースですよね。 でも大切なのって、実は「ジムに来ていない時の過ごし方」、特に、食生活に関するスキルが重要になってくると私たちは考えます。
「自分は体調がいい」と思っている人も、食生活を見直してみませんか?見落としていた問題に気づき、改善できればさらに活力あふれる自分に生まれ変われるはず。 体調とその要因を「食事力」から分析し、自分の体調を一つひとつ整えていく。それがコンディションチェックです。

体調とその要因を「食事力」から分析!

現在のコンディション(体調)は、あなたの食習慣の結果です。そこで、体調に影響を与える食のスキル「食事力」をチェック&カウンセリングします。

「食事力」で体調をマネジメントする発想

運動だけでなく、普段の生活でもベストなパフォーマンスを発揮するために、「食事力」を通じてあなたの体調とその要因をチェック。
カラダの時間に合わせて食事ができているか(時間力)、栄養バランスを考えて食品を正しく選べているか(選択力)、そして、食事と体調の変化に気づき食事内容を調整できているかどうか(調整力)。
こうした3つの要素をもとに、あなたがグッドコンディションを手に入れられるよう最適なアドバイスを行っていきます。

食事力評価

体重が増えた、減ったと一喜一憂していませんか?大切なのって体重よりも、その中身。見た目は細くても、筋肉の割合が低い人って、実は太りやすいんです。
部位別の筋肉量、基礎代謝など、カラダの成分を数字で「見える化」することでカラダの現状だけでなく、その後のトレーニング効果をさらに実感できるはず。それが、Dr.フィットネスです。

カラダの組成を知るDr.フィットネス

カラダの組成成分を測定するDr.フィットネス。筋肉量バランス、基礎代謝量に体型分析など今まで知らなかったカラダ・データの変化を追いかけることで、トレーニング効果が見えてきます。

カラダ成分の「見える化」にお役立ち!

体重や体脂肪は測っても、脂肪の質や筋肉バランスまで測定したことのある方は少ないのではないでしょうか。 Dr.フィットネスではこうしたカラダの状態を、数値で評価しデータ化。結果は「体組成分析カルテ」としてその都度お渡ししています。
測定時間は1~2分ですので、ぜひ測定してみてください。定期的に測定することでカラダの変化やエクササイズ効果を実感できますよ。

歩き方の美しい人に、目をひかれることはありませんか?日常の何気ない動作にも、実は「理想のカタチ」があるんです。
基本的な動作から動きのクセを見極め、弱点を改善し、より機能的なカラダを目指す。そして、日常生活からスポーツまで幅広い「動き」のパフォーマンスの向上をかなえる。それがFMSです。

動きのクセを知るFMS
(ファンクショナル・ムーブメント・スクリーン)

「しゃがむ」など7つの基本的な動作を通じて、動きのクセを評価するテストです。日常生活動作やスポーツといった「動き」のパフォーマンス向上のためのポイントを明確にすることで、トレーニングの最適化に役立ちます。

私たちのカラダが動くときには多くの関節が連動します。FMSは「動き」(最終的なパフォーマンス)を測定することで、多くの関節が「正しく」連動しているかをチェックするもの。
一人ひとり異なる“カラダのクセ”に応じたトレーニングポイントが明確化するだけでなく、日常の生活習慣からくる不調の改善などにも役立ちます。

FMS

総合評価

2つの視点から総合的に評価。目標達成に向けて効果的なアドバイスをします。

食事力評価

総合評価

2つの視点から総合的に評価。目標達成に向けて効果的なアドバイスをします。

食事力評価

「調子」を測定し、その結果に合わせて「運動」「食事」「回復」をトータルサポート。

メニューの指標となる「調子」を測定!コンディショニング スキャナー

コンディショニング スキャナーで当日の調子を測定します。測定結果は、トータルパワー(L/Sで表現)と今の調子(+/ーで表現)の状態によって、4つのコンディショニング ステータスのタイプL+、L−、S+、S−に分類されます。

食事力評価

NEXT STEP2 プランのバージョンアップへ 効果を加速させる “プラスα”の提案

コンディショニングドック Topに戻る

サイト内検索

[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]